ブランド品の買取サービスを徹底比較!おすすめランキング【決定版】

kaitori.net

ブランド品買取の基礎知識

ブランド品の買取で手に入れたお金に税金は発生する?

更新日:

ブランド品の買取で手に入れたお金に税金は発生するの?

ブランド品の買取を依頼して現金化するに当たり、「手に入れたお金に税金は発生するの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

確かに、数万円程度の収入であればまだしも、複数のブランド品を一括で査定してもらってトータルで数十万になった時に、課税対象となるのか不安になるのは当然ですね。

そもそも、宝石やバッグなどブランド品を売却した時に発生する所得は、取引内容によって次のように分けられます。

・買取専門店で売却した場合は譲渡所得
・事業として取引した際は事業所得
・営利目的で継続的に利益を得ている時は雑所得

一般的に個人で買取を依頼して現金化した場合は、譲渡所得に該当するケースがほとんどです。

「ブランド品を購入したは良いものの意外と使う機会が少なかったから売りたい」「長年タンスの肥やしになっていたバッグの売却を考えている」というケースで専門店で売ってお金にすれば、譲渡所得という税金が発生します。

平たく言えば買取専門店から売却で得たお金は収入の一種なのですが、金額によっては税務署でわざわざ確定申告をする必要はありません。

・バッグや時計などのブランド品を売却した時のお金は生活用動産に当たる
・30万円までの生活用動産は非課税と法律で決められている
・買取店で現金のまま受け取っても税務上の申告は不要

上記のような特徴があり、余程高額にならなければ税金は発生しないと捉えても問題ないでしょう。

30万円という金額は何も買取価格ではなく、「収入金額-(購入代金+購入にかかった経費)-特別控除」という計算式へと当てはめて計算します。

専門店での査定結果はブランド品を購入した時の金額よりも大幅に安いですし、譲渡所得には50万円の特別控除があるのです。

つまり、多くの人がブランド品の買取で課税対象とはならず、税金の支払い義務は一切発生しないと考えられますよ。

RECLO(リクロ)で得たお金にも税金は発生しない?

委託販売サービスのRECLO(リクロ)で得たお金にも、原則的に税金が発生することはありません。

ブランド品を購入した金額よりも買取価格が低くなるからで、定価で買い取ってくれない理由を幾つか挙げてみました。

・ブランド品の買取サービスはお客様から仕入れた品物を別のルートで販売することで利益を出している
・バッグや財布など、ブランド品の種類に限らず時間の経過で価値がどんどん下がっていく
・今まで愛用していたグッズであれば、傷や汚れなどの使用感によって新品とは程遠い状態となる

どんなに高くても定価の80%程度が限界ですので、RECLO(リクロ)への買取の依頼で譲渡所得が発生するケースは稀なのです。

しかし、今まで使っていないブランド品をずっと部屋の中で眠らせておくのは勿体無いですし、「もっと早く売っていればそれなりの価格が付いたのに・・・」という失敗は考えられます。

時期が遅くなればなるほど高額買取は難しくなるため、できる限り早いタイミングで依頼した方が良いでしょう。

RECLO(リクロ)は、次の2種類からブランド品の売却方法を選択できます。

・通常と同じように商品を買い取ってもらう
・別の提携サイトで委託販売を依頼する

どちらにも違ったメリットがありますので、不要なブランド品を処分したい方はRECLO(リクロ)を利用してみてください。

-ブランド品買取の基礎知識

Copyright© kaitori.net , 2018 All Rights Reserved.