ブランド品買取についての疑問点

偽物のブランド品は買取できる?違法なの?

更新日:

偽物のブランド品は買取できるの?

ブランド品の買取業者に在籍している査定員はお客様から商品を買い取るために、念入りに鑑定を行っています。

①どの買取業者もお客様から色々なブランド品を買い取る
②品物を仕入れてから高く売ることで利益を出している
③偽物を掴まされると利益を出すことができない

上記のような仕組みとなっていますので、偽物のブランド品はほぼ確実に買い取ってもらえないと考えた方が良いでしょう。

鑑定や査定の方法はサービスによって違いがあれど、偽物の疑いが少しでもある商品は買取NGとなるわけですね。

具体的に買取基準を満たさないブランド品の特徴を以下では幾つか挙げてみました。

・品物に何かしらの欠陥があって買取不可と査定員が判断した
・商標権違反のコピー品である可能性が高い
・並行輸入で購入したと申告した
・ギャランティーカードや保証書がない
・あまりにも汚れや傷が酷くてリユースできない

偽物を買い取ってくれないのは当然だとしても、本物のブランド品の場合も汚れや傷が酷ければ断られる可能性があります。

ルイヴィトンやエルメスなど人気のブランド品は大丈夫ですが、ノーブランドで更に保存状態が悪ければ1円の価値もないと判断されやすいですよ。

素人では価値のある品物なのかどうか分からないので、不要なブランド品を持っている方は専門店で一度査定をしてもらってはいかがでしょうか。

偽物やコピー品と知らずに買取依頼するのは違法?

次のようなケースでブランド品を購入した場合、本物ではなく偽物を掴まされることがあります。

・リサイクルショップで安い料金で販売されていた財布を買った
・ネットオークションを使って出品者から買い取った
・海外の正規店以外でブランド品を購入した

現在の偽物は本物とほとんど変わらない精巧な作りをしているケースが多く、素人が見た目でパっと判断するのは不可能です。

偽ブランド品は本物が築き上げてきたイメージやメリットを崩すことになりますし、売る行為自体が商標権の侵害に当たります。

そこで、「自分では偽物やコピー品だと知らなかったけれど、専門店に買取の依頼をしたら違法なの?」と不安を抱えている方は少なくありません。

偽物だと判断されて買取不可と言われるだけであればまだしも、法律に反する行為だったら気軽にブランド品買取サービスを利用できないですよね。

結論から言うと偽物やコピー品を質入れに出すこと自体は罪に問われることがなく、その理由を幾つか挙げてみました。

・現在のコピー品は作りが実に精緻で本物と変わらない
・一般人が偽物か本物か判断することはほぼ不可能
・偽物だった場合は買取を断られるだけで済む

偽ブランド品の所有も買取も個人的な使用の範疇だと捉えられていますので、違法性は一切ないのです。

もちろん、正しく営業を行っているブランド買取店では売ることができないため、「買取不可です」と言われたら大人しく諦めましょう。

自分が持っているブランド品にどのくらいの価値があるのか知りたい方には、RECLO(リクロ)の利用がおすすめです。

RECLO(リクロ)では宅配で商品を査定して買い取ってもらうシステムが取り入れられていますので、一度気軽に依頼してみてください。

故意に偽物やコピー品を質入れに出すのは詐欺に当たる

偽物なのか本物なのか知らずに質屋やネットの買取専門店へと買取の依頼を出すこと自体に違法性はありません。

しかし、故意に偽物やコピー品を質入れに出すのは、詐欺に当たる可能性がありますので注意すべきですよ。

①本物と遜色ないコピー品を仕入れる
②買取サービスへと足を運んで融資金をだまし取る
③その差額でお金を儲ける

このような売買は当然のように違法ですし、最悪の場合は詐欺罪や商標法違反で逮捕されてしまいます。

近年でも偽物と知りながら買取サービスへと依頼して商標法違反で逮捕されたケースはありますので、十分に気をつけましょう。

正規品と偽ブランド品の見分け方とは?

「買取の依頼をしたいけれど正規品かどうか分からない」と悩んでいる方は、次のように正規品と偽ブランド品を見分けてみるべきです。

製造番号を見る:ブランドの正規品には製造番号が付いている
ロゴ部分を見る:本物はロゴの模様が綺麗に繋がっている
刻印を見る:「LOUIS VUITTON PARIS made in~」といった感じで記載されている
金具部分を見る:浮き気味に縫製されていると偽物の可能性が高い

正規販売店で購入したブランド品であれば、偽物やコピー品を掴まされるリスクは絶対にありません。

一方でリサイクルショップやネットオークションで入手したブランド品は必ずしも正規品とは限らないため、査定に出すのが怖い人は本物と同じ作りなのかチェックしてみてください。

-ブランド品買取についての疑問点

Copyright© kaitori.net , 2018 All Rights Reserved.