ブランド品の買取サービスを徹底比較!おすすめランキング【決定版】

kaitori.net

ブランド品買取の基礎知識

ブランド品の買取を依頼できる年齢!未成年者は利用できる?

更新日:

ブランド品の買取の依頼に年齢制限はある?

ブランド品の買取の依頼において、「年齢制限はあるのか?」「何歳でも利用できるのか?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

実店舗でもネットの買取サービスでもブランド品を買い取ってもらって現金化するのは日常生活において少なく、色々な不安がありますよね。

ブランド品の査定や買取の依頼ができる年齢に関しては、サービスによって違いがあるのが特徴です。

基本的には公式サイトや公式HPへと記載されていますので、10代の未成年で利用しようと考えている方は事前にチェックしておきましょう。

原則的に未成年者からのブランド品の買取は行われていない

ブランド品の買取の年齢制限はサービスによって違いがあれど、原則的に未成年者からの依頼は行われていません。

未成年者と一口に言っても、次のように規定は様々です。

・高校生はNG
・18歳以上であればOK
・親の同意書があればOK

近年では親からのプレゼントやアルバイトでお小遣いを貯めて、価値のあるブランド品を持つ未成年者は増えました。

新しいブランド品が欲しい時に前まで持っていた品物を買い取ってもらって資金にあてるのは実に効果的ですが、18歳未満の未成年者が一人で買取の依頼をするのは難しいのが現状ですね。

これは宅配買取や出張買取を行うネットのサービスだけではなくリサイクルショップなどの実店舗も一緒で、以下のように法律の古物営業法や各自治体の青少年保護育成条例で規制されています。

①買取専門店が保護者の同意なしに未成年者から物品を買い取る
②その後に保護者から取引の解除を求められたとする
③買取自体が無効になって白紙になる

お客さんから買い取った品物が手元にあればまだしも、既に別のルートで販売してしまった場合は面倒なトラブルに繋がりやすいのです。

取引が無効になるのは業者側としては絶対に避けなければならないため、18歳未満の未成年者が勝手に利用しないようにほとんどのサービスでは事前の年齢確認を実施していますよ。

未成年者がブランド品の買取をしてもらうには?

インターネットで申し込んでもリサイクルショップへと足を運んでも、運転免許証や保険証で年齢確認が行われていますので、未成年者が親に内緒でブランド品の買取を依頼することはできません。

宅配買取サービスを利用する際も身分証明書のコピーを一緒に送らなければならないため、年齢を誤魔化すことができないのは何となく分かるでしょう。

未成年者がブランド品の買取を依頼する場合は保護者の同意書が必要で、具体的な手続きの流れをまとめてみました。

①未成年者の名義ではなく保護者の名義で買取の依頼を行う
②あらかじめ同意書や承認書をオンライン上でダウンロードする
③親御さんが同意書や承認書へと必要事項を記入する
④未成年者が書類とブランド品を持参して買取の依頼をする

18歳未満の未成年者が自分の名義でブランド品の買取の依頼ができないのは古物営業法で定められているだけではなく、「親のブランド品を勝手に売ってお金に換えないように」といった理由も考えられますね。

買取サービス側も未成年者から物品を買い取るのはリスクが大きく、事前の年齢確認を徹底したり保護者の同意書を求めたりするのは当然です。

年齢以外にもブランド品の買取においてサービスごとに幾つかの規定がありますので、利用する前に公式サイトの注意事項の欄をチェックしておいてください。

保護者の同伴が必要なケースもあり!

ブランド品の買取サービスの中には親御さんの同意書や承認書ではNGで、保護者が同伴しなければ未成年者の買取を認めないところがあります。

未成年者が自分のブランド品を売却したい場合、親と一緒に店頭へと足を運んで保護者の名義で買い取ってもらう仕組みです。

「宅配買取のサービスでは保護者の同意書」「店頭買取のサービスでは保護者の同伴」と買取の条件が異なりますので注意しなければなりません。

以下では、ブランド品の買取サービスごとに未成年者への対応がどのように決められているのかまとめてみました。

RECLO(リクロ):法定代理人の同意が必要となり、会員登録が承諾されたケースでも18歳未満の場合は委託者になれない
スピード買取.jp:条例に従って同意書や承認書があっても未成年者からの買取は実施していない
ブランディア(Brandear):対象年齢に制限はないが、未成年の方は保護者の同意書と捺印が必要となる
ゴールドエコ(GoldEco):店舗買取は保護者の同伴、ネットでの依頼は保護者の同意書を用意する
ZOZOTOWN(ブランド古着買取サービス):未成年者は査定申込書に親御さんの承諾サインと捺印が必要
リンカン(RINKAN):18歳未満のお客様が利用する際は、保護者様の同意書や店舗への同伴が条件となる

買取サービスによって条件が異なりますので、利用予定の業者の公式サイトで確認するのが大事ですよ。

注意事項に記載されていない時は、メールや電話で問い合わせて直接伺った方が良いでしょう。

ブランド品の買取や委託販売を行うRECLO(リクロ)は、保護者の同意の有無を確認する形となります。

親の名義で手続きをすれば面倒な作業は必要ないので、ブランド品の買取を考えている方はRECLO(リクロ)で査定してもらってください。

-ブランド品買取の基礎知識

Copyright© kaitori.net , 2018 All Rights Reserved.