ブランド品の買取サービスを徹底比較!おすすめランキング【決定版】

kaitori.net

ブランド品買取サービスの選び方

委託販売が可能なブランド品の買取サービス

更新日:

委託販売のシステムとは?

委託販売とは、商品や品物の製作者や所有者が別の業者へと販売業務を委託するシステムのことを指します。

①自分の代わりに商品を店舗やネットで販売してもらう
②期限時に残品が返品される
③売れた商品は売上代金が決済される

このような流れとなり、遠隔地の消費者への販売に適した方法ですね。

例えば自分で作ったハンドメイド製品を販売するに当たり、「ネットオークションに出品する」「イベントへと出向いて販売する」「委託販売店へと依頼する」といった方法があります。

個人のスタイルによって適したやり方は異なりますが、委託販売であれば品物の在庫の管理を自分で行う必要がありません。

販売業務は別の業者へと任せられるため、インターネットを使って商品を売るに当たって非常に利便性が高いのです。

委託販売が可能なブランド品の買取サービスはある?

ブランド品の買取サービスの中には、お客様から品物を買い取って現金を渡すだけではなく、委託販売が可能な業者が幾つかあります。

自分が売りたいブランド品を査定してもらい、別のサイトでの販売が開始されて売れたら取引が成立してお金が振り込まれるイメージです。

オーソドックスなブランド品の買取と異なり、委託販売を利用することでどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

・商品をお店へと持ち込まなくても宅配で送ることができる
・品物の販売や振り込み手続きなど全てを専門業者に任せられる
・委託販売手数料を差し引いても普通に買い取ってもらうよりも価格が高くなる

自分のブランド品を高値で売りたい方に、委託販売のシステムが適しているのは間違いありません。

委託販売手数料はそこまで高くありませんし、買取のように在庫を抱える必要がないからこそお店側も買い取るより金額をアップできるのです。

委託販売が可能なブランド品の買取サービスの選び方は?

高額で取引されることの多いブランド品をお持ちの方は、需要があるからこそ買取よりも委託販売の方が適していますよ。

そこで、委託販売が可能なブランド品の買取サービスの選び方で、押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

・委託手数料や販売手数料が比較的少ないかどうか
・独自の販売ルートを持っているかどうか
・スピーディーに手続きをしてくれるかどうか
・ブランド品の販売に力を入れているかどうか
・在籍しているスタッフの対応が良いかどうか

これらの点に気を配っていれば、委託販売で失敗することはありません。

具体的に委託販売を取り入れているサービスを紹介していますので、ブランド品を高く売りたい方はチェックしておきましょう。

RECLO(リクロ)

RECLO(リクロ)はブランド品の宅配買取を行うサービスの一つで、通常の買取と委託販売の2つから自由に選べるのが大きな特徴ですね。

スピーディーに現金化したいのであれば買取、少しでも高値で販売したいのであれば委託販売が適しています。

RECLO(リクロ)で委託販売を依頼するに当たり、どんな手続きをすれば良いのか見ていきましょう。

①RECLO(リクロ)の公式サイトへとアクセスしてブランド品の買取を申し込む
②指定した時間帯に配送業者が集荷に来るので、自宅から一歩も出なくて良い
③ブランド品を預けて査定が行われ、メールで結果が知らされる
④査定結果を見て委託販売を選択する場合は契約に同意する
⑤RECLOや提携サイトで取引が成立したら指定の口座にお金が振り込まれる

RECLO(リクロ)の良いところは、15,000円未満の販売で50%のお支払い、50万円以上の販売で90%のお支払いと販売成立価格の高さに応じて受け取れるお金も多くなるのです。

ラグジュアリーブランドから最先端ブランドまで様々な品物を取り扱っていますので、不要なブランド品の処分を考えている方はRECLO(リクロ)へと依頼してみてください。

BEPRICE(ビープライス)

大切なブランド品をどこで売ろうか悩んでいる方には、BEPRICE(ビープライス)がおすすめです。

BEPRICE(ビープライス)は買取サービスと委託販売の両方を提供している業者で、どんな特徴があるのかまとめてみました。

・ヤフオクではなく業者バイヤーの集まる独自のオークションで販売している
・販売成立時の手数料は商品が売れた価格の8%~40%
・スピーディーに手続きするために原則1ヵ月の早期売却を行っている
・定期的な販売会を開催してブランド品の売却を実施している

委託期間があまりにも長くなると、現金を受け取るまでに時間がかかってしまいますね。

しかし、BEPRICE(ビープライス)は1ヶ月間と短い期間で独自の販売網で売却してくれるため、委託販売を行うブランド品買取サービスの中でも対応が早いのです。

委託販売でブランド品を売るデメリットは?

販売価格がアップして最終的に受け取ることができる金額がアップするのは、不要なブランド品を持っている方にとって嬉しいポイントなのではないでしょうか。

ただし、通常の買取とは違って委託販売でブランド品を売るに当たり、次のようなデメリットがあります。

・低額商品を売却する時は手数料の関係で逆に損をしやすい
・ブランド品が売れ残ってしまうと現金化することができない
・買取店と比べると売却スピードが遅くて直ぐにお金が欲しい人には向かない

委託販売に限らず買取にもメリットとデメリットの両方がありますので、自分の持っているブランド品に合わせてどちらが良いのか比較してみてください。

-ブランド品買取サービスの選び方

Copyright© kaitori.net , 2018 All Rights Reserved.