ブランド品の買取サービスを徹底比較!おすすめランキング【決定版】

kaitori.net

ブランド品買取の基礎知識

ブランド品の保証書(ギャランティーカード)は買取価格に影響を及ぼす?

更新日:

 

ブランド品の保証書(ギャランティーカード)とは?

ブランド品を購入するに当たり、「絶対に本物が良い」「偽物を掴まされたくない」と考えるのは普通ですよね。

本物と見た目が一切変わらない偽物でも、コピー品を使っているのは気分が悪くなります。

この本物と偽物を判断する上での指標の一つとなるのがギャランティーカードです。

ギャランティーカードはブランド品の保証書のような存在で、次のように詳しい情報が記載されています。

・いつ購入されたか?
・どこで購入したのか?
・誰が購入したのか?
・販売店員のサイン

基本的にブランドの直営ブティックや正規代理店など、正規店でブランドグッズを購入した時にしか保証書(ギャランティーカード)は発行されません。

正規店で購入した何よりの証明になるからこそ、本物のブランド品だと判断できるのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

そのため、ヤフオクなどのオークションサイトやメルカリなどのフリマアプリでブランド品の買い物を行う際は、出品者が保証書(ギャランティーカード)を付けてくれるのかどうか事前に確認すべきですよ。

ギャランティーカードは修理やメンテナンスで役立つ

ブランド品の保証書のギャランティーカードは、偽物の判断の有無だけではなく修理やメンテナンスでも役立ちます。

財布やバッグを長年に渡って使い、ファスナーが上手く開閉できなかったり取っ手が外れたりと壊れるケースは少なくありません。

ブランド品の修理やメンテナンスを正規店へと依頼する際に、ギャランティーカードの掲示を求められることが多いのです。

ギャランティーカードがなければ修理不可というわけではありませんが、スムーズに手続きを進めるためにも捨てずに大事に保管してください。

ブランド品の保証書(ギャランティーカード)は買取価格に影響を及ぼすの?

ブランド品の買取を専門サービスへと依頼するに当たり、保証書(ギャランティーカード)が買取価格に影響を及ぼすことがあります。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)やHERMES(エルメス)、Gucci(グッチ)には付属されていないものの、次のブランドには保証書(ギャランティーカード)が付いてくるのです。

・CHANEL(シャネル)
・PRADA(プラダ)
・ChristianDior(クリスチャンディオール)
・CHROME HEARTS(クロムハーツ)

ギャランティーカードを持っているだけで買取価格が少し上がるケースは珍しくなく、その理由を幾つか挙げてみました。

・「この製品は間違いなく本物ですよ」という証明に繋がる
・正規店で購入したブランド品だと判断できる
・本物であると鑑定する際の時間を削減できる
・大手のブランドは偽物(コピー品)が数多く出回っている

ブランド買取サービスはお客様から品物を買い取り、修理やメンテナンスをして再販できる状態に戻し、別のルートで販売して利益を出す仕組みとなっています。

つまり、一切の価値がない偽物やコピー品を買い取りたくないと考えるのは、私たちがブランド品の買い物をする時と全く一緒ですよね。

PRADA(プラダ)に関しては保証書がなければ正規店でも本物と偽物の区別ができないと言われているくらいコピー品が精巧に作られているため、保証書(ギャランティーカード)が買取価格に良い影響を及ぼすのは間違いありません。

ギャランティーカードは小さくて使用する機会がほとんどないので、「自分には不要だね」と捨てたり紛失したりすることは多いでしょう。

しかし、「ギャランティーカードがないと買取できません」というリサイクルショップはありますので、将来的に買取を依頼する場合は大事に保管すべきですよ。

スピード買取.jpはギャランティーカードがなくても買取可能!

大手のブランド品買取専門店のスピード買取.jpでは、ギャランティーカードがなくても商品や品物の査定をしてくれます。

公式サイトでもギャランティーカードがないと査定のマイナス要素となると記載されていましたが、紛失してしまった場合でも買い取ってくれるのは安心です。

元々価値の高いブランド品で目立った汚れや傷がなければ、ギャランティーカードやケースなどの付属品がなくても高額買取は十分に期待できます。

他にも、スピード買取.jpでは次のような状態のブランド品も喜んで査定して買い取ってくれると公式サイトでは書かれていました。

・擦り傷が付いている
・使用感が目立つ
・表面が色あせている
・糸がほつれている
・形が崩れている

買取の依頼で不満を抱える心配はないので、まずはスピード買取.jpの宅配買取や出張買取で査定をしてもらってください。

ギャランティーカードがあっても買取不可のケースはある?

買取専門店でブランド品を査定してもらうに当たり、ギャランティーカードがあれば全てOKというわけではありません。

ギャランティーカードを用意しても買取不可と判断されることはあり、どんなケースが該当するのか見ていきましょう。

・ギャランティーカードの中が空欄のままで店名や日付が記載されていない
・お店側にギャランティーカードが偽物だと判断されてしまった
・ブランド品が壊れていて修理に出すとしても回復して再販するのが難しい

財布やバッグに汚れや傷などの使用感があったとしても、通常の状態であれば買い取ってくれます。

しかし、あまりにも状態が酷いと修理に出すとしても高額の費用がかかるため、買取がNGだと判断されるわけです。

ブランド品の見た目で買取OKなのか不可なのか判断するのは難しいので、まずは専門店へと査定の依頼をしてみてください。

-ブランド品買取の基礎知識

Copyright© kaitori.net , 2018 All Rights Reserved.