ブランド品の買取サービスを徹底比較!おすすめランキング【決定版】

kaitori.net

ブランド品買取の基礎知識

ブランド品の買取の依頼で必要なもの

更新日:

ブランド品の買取の依頼で必要なものをチェック!

ブランド品の買取を依頼して現金化するに当たり、事前に必要なものを用意しなければなりません。

ブランド品だけではなく書類をきちんと用意しないと、店頭買取でも宅配買取でも取引が無効になってしまいます。

買取サービスへと品物を送るだけで即座に銀行口座へとお金が振り込まれるわけではないのが注意すべきポイントですよ。

以下ではブランド品の買取の依頼で必要なものをまとめていますので、一度チェックしておきましょう。

売りたい品物や商品

ブランド品を買い取ってもらう代わりに現金を手にできるサービスですので、売りたい品物や商品が必要なのは当然ですよね。

取り扱っている品物に関しては、次のように買取サービスによって違いがあります。

<取り扱い可能なブランドの例>
・LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)
・HERMES(エルメス)
・CHANEL(シャネル)
・ROLEX(ロレックス)
・PRADA(プラダ)
・ChristianDior(クリスチャンディオール)
・BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)
・OMEGA(オメガ)

<取り扱い可能な商品の例>
・財布
・長財布
・バッグ
・時計
・アクセサリー
・洋服
・ダイヤモンド
・ブーツ

誰もが一度は聞いたことのあるブランドであれば、どのサービスでも基本的に買取はOKです。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)やHERMES(エルメス)の場合、多少の汚れや傷があっても人気があるからこそ高額で買い取ってくれるでしょう。

しかし、「LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のバッグはOKでも、OMEGA(オメガ)のバッグは不可」と業者別で決められているケースがあります。

正規品で購入した本物でも値段を付けられないことはありますので、どのブランド品を取り扱っているのか公式サイトで確認しておかなければなりません。

身分証明書

どのブランド品買取サービスへと依頼するにしても、身分証明書は絶対に必要ですよ。

公式サイトや公式HPを見てみると、「買取の際には身分証明書が必要となります」と記載されている専門店が全てだと言っても過言ではないでしょう。

各専門店によって使用できる身分証明書には違いがありますが、次の書類であれば基本的に有効です。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・発行から3ヶ月以内の住民票
・顔写真付きの住民基本台帳カード

店頭買取や出張買取を行うサービスでは品物を査定してもらう前に運転免許証や健康保険証を掲示し、宅配買取ではブランド品と一緒にコピーを送る形となります。

なぜブランド品を買い取ってもらうだけで身分証明書を掲示しなければならないのか簡単に理由をまとめてみました。

・古物営業法の第15条で住所や年齢が記載された文書の交付を受けなければならないと定められている
・事前に古物を買い取る相手の本人確認が必要だと法律で決められている
・未成年者が勝手に親のブランド品を売らないように年齢確認を行う必要がある

ブランド品買取サービスでは、原則的に18歳未満の未成年者は親の同意書や同伴が必要だと決められています。

年齢確認を行う目的でも、自分の身分を証明できる書類をどれか一つは用意しなければならないわけです。

ただし、個人番号カード(マイナンバーカード)や顔塗りつぶしなどの修正をしている場合は無効となるケースがありますので、どの身分証が有効なのか確認しておきましょう。

ブランド品の付属品

「絶対に必要なもの」というわけではありませんが、ブランド品の付属品も買取価格に影響を及ぼします。

・購入した時のケースや袋
・ギャランティーカードや保証書類
・鑑定の結果が記載された鑑定書や鑑別書

ブランド品の状態が良いのか悪いのかだけではなく、付属品を用意しておけば高額買取が期待できるのです。

例えば、大手のブランドでは正規品を購入した時に保証書のギャランティーカードが付属され、商品内のタグ番号と一致していれば偽物ではなく本物だと判断されます。

もちろん、付属品だけで買取の価格が2倍も3倍も跳ね上がることは絶対にありません。

しかし、付属品の種類によっては偽物やコピー品と区別する際に必要となりますので、ブランド品を購入した時は付属されているカードや箱を捨てないようにしてください。

Brandear(ブランディア)は取り扱いブランドが豊富!

高いお金を支払った時計や財布でも、買取不可と判断されたら現金化はできないですよね。

そこで、取り扱いブランドが豊富なBrandear(ブランディア)への依頼をおすすめします。

他の買取サービスとは大きく異なり、Brandear(ブランディア)は6,000種類以上のブランドを取り扱っているのが最大の特徴です。

・他社では扱えない商品や品物も査定してくれる
・少々の汚れや傷があっても使用できれば買取OK
・デザインの古い洋服や着物も買い取ってくれる
・イニシャル刻印が入っていても大丈夫
・ギャランティーカードやケースがなくても買取の対象となる

このような点で高い評判を獲得しているため、累計の利用者数は何と200万人を突破しました。

買い取って欲しい商品と身分証明書の掲示だけで利用できますので、どこに依頼しようか迷っている方はBrandear(ブランディア)で査定をしてもらってください。

-ブランド品買取の基礎知識

Copyright© kaitori.net , 2018 All Rights Reserved.